貨車工作集
タキ750

自前3Dプリント。大竹〜新井のプロピオン酸軍団の一員。
タキ3700(アルミ車)



タンクのみ外注3Dプリント。3連の大型受台と腰高なタンク体が特徴のタキ3700アルミ車。キセなしの無水酢酸用で踏板が小ぶりな3701、キセ、加熱管付の酢酸用3707。さらにS字管を装備した3733と作り分けた。走行系の自作に自信がなかったのでKATOタキ3000台枠を短縮して利用した。走行安定性は確かだが軟質素材の切り継ぎが難しいので今なら完全自作したい。
タキ4200(踏板の長いタイプ)

自前3Dプリント。両側ブレーキ採用初期に散見された踏板が無駄に長くてかっこいいタイプ。相模貨物への亜硝酸Ca運用に使われていたらしいので地元枠で作成。
タキ4750

自前3Dプリント。地味な存在だが扇町への減水剤輸送の写真を見たので作成。
タキ5000(手ブレーキ)

タンク径が同じKATOタキ3000を短縮してプラ材のドーム、点検蓋を設置した。末期まで残っていた5012、5013タイプ。川崎車の全検出場を見て作成。踏板の雰囲気も似ているのでお勧めしたい改造。
タキ5000(側ブレーキ)

自前3Dプリント。5012の同僚で4750と作りがよく似ているので設計を流用して作成。実際にはタンクの径が違うのかややバランスが違う気がする。
タキ5450



自前河合製品。色の個体差が表現されていて面白いが、末期の実物は容器再検査の度に塗り直されていたたためか綺麗な車両が多く、そこまでの差が無かった実感があるため西武イエローで統一した。鏡板の点検蓋が2箇所モールドされているが、ブレーキハンドル側は余計なので削除。標記は安治川口の関西化成品輸送で塗装を行った車両に特有の書体で入れ直した。後に3Dプリント台車で車高短化した。
タキ6600(ドーム付)


自前3Dプリント。千鳥町で見たので作成。
タキ7750(富士重側ブレーキ)

自前3Dプリント。河合で製品化されているタイプだが、製品は富士重タイプと日立タイプの踏板を混同しておりバランスが違うので自作。日産化学の苛性タキは原形に近い亜硝酸CaタイプとS字管が撤去され鏡板にでかい点検口があけられたリン酸タイプに分かれるが、これは亜硝酸Caタイプ。
タキ7750(日車側ブレーキ、側梁省略)

自前3Dプリント。河合で製品化されなかった日車-日曹型で、他タイプから転用できないのも納得な側梁省略とカマボコ型キセが特徴。実車は7771、17767、27763が末期まで残っていたが、割と差異が大きいので1両作って他のナンバーにできないのが面倒なところ。また、日曹の苛性タキはほぼ苛性カリ用だったのが、長らく苛性ソーダ標記の仮専用で使われており、末期になってテキトーなフォントの苛性カリ標記が貼られ、最末期に一部車両でようやく正式なレタリングが入ったという経緯があり、このナンバーが実際にこの標記になったのかは不明。(でもかっこいいから正式な標記を入れた)
タキ8350(後期手ブレーキ)

自前3Dプリント。千鳥町で見たので作成。黒塗装の末期のグループで富士重形のリブなし外板など洗練された見た目。
タキ8500

自前3Dプリント。大竹〜新井のプロピオン酸軍団の一員。
タキ8700

自前3Dプリント。大竹〜新井のプロピオン酸軍団の一員。
タキ10800

自前3Dプリント。大竹〜新井のプロピオン酸軍団の一員。
タキ13700


KATOタキ35000の踏板を3Dプリント品に交換。タキ35000の塗り替えだけでも十分な改造だが、内外輸送のアルコールタキに特有の低い踏板を再現したく3Dパーツを作成した。末期ナンバーの保安対策型踏板や手摺の色を作り分けて表情の違う2両にした。
タキ14700


マイクロエースタキ18600を短縮。加工精度がご覧の通りなのもそうだが、種車由来の外板ピッチや台枠の厚さなども作り直したい改造。
タキ15700

KATOタキ35000の踏板、鏡板を外注3Dプリント品に交換してキセ付35系にするシリーズ。このナンバーは側ブレーキなのでデッキの改造は無し。
タキ15800

自前3Dプリント。
タキ16500


KATOタキ35000をニコイチ延長、踏板、鏡板を外注3Dプリント品に交換した。
タキ18600(側ブレーキ)

マイクロエースタキ18600。この辺のナンバーの側ブレーキ車は保安対策によりデッキが手ブレーキ相当の長さで車端手摺が門形になっている。製品は車端手摺やステップが取れる構造になっているため不要なものを取って門形手摺を前後に装着するだけで手軽に改造できる。そこにプラ材からテキトーな側ブレーキを設置した。ただこのコンセプトでは後述のKATO台枠化ができないため保留車になっている。
タキ18600(手ブレーキ)




マイクロエースタキ18600。製品はタンク外板の分割数とエコアンマークの有無が作り分けられているが、実際にはある時期を境に全稼働車にマーク付きとなったため自作デカールで貼付。ついでに全標記を関西化成品輸送書体に。118601と118623は同じ外板7分割だが前者が元三菱、後者がNRS生え抜きなので社名板の有無や高さを作り分けた。後にKATOからタキ25000が発売され、マイクロ製品の弱点だった台枠の厚さをこの台枠に交換して解消した。軽微な加工でほぼポン付けでき、復帰も可。

KATOタキ35000の踏板、鏡板を外注3Dプリント品に交換してキセ付35系にするシリーズの一。手ブレーキ車のため車端手摺も新製パーツに交換。台車は本来TR225だが走行系を壊したくないので妥協。
タキ19550

マイクロ製品を塗り替えるだけのお手軽改造。後にタキ18600と同様にKATO台枠化した。
タキ20500

KATOタキ35000からキセ付35系を作るシリーズの一。マイクロ製品で有名なタイプ。
タキ22900

自前3Dプリント。
タキ23800

KATOタキ35000からキセ付35系を作るシリーズの一。これもマイクロ製品で有名なタイプ。
タキ26100

外注3Dプリント。
タキ35000(片側ブレーキ)

KATOタキ35000の踏板、台枠を一部切除。タキ35000のうち例外的に片側ブレーキとなったナンバー。非ブレーキ側の車端にステップがあるのがチャームポイント。油種のマークは昔(2002頃まで?)はJP-8という文字がなく模様だけで識別されていたらしく、このように文字入りとしたのはダウトっぽい。
タキ35000


KATOタキ35000の塗装変更、社名・社章板を新設。冬場に出てくる波動用タキをイメージ。ウェザリング推進派ではないのだが、この手のタキは夏季休車を繰り返して検査期限を延長しており、無視できないレベルのカサカサであることが多いのでそれを表現してみた。
タキ43000(0番台)

KATOタキ43000の票差しを外注3Dプリント品に交換、手摺を一部切除
タキ43000(100番台初期)

KATOタキ43000の票差しを外注3Dプリント品に交換。100番台は製品化されている形態だが、最初期車は票差しの下に国鉄銘板があるのでそれを再現した。上記タキ35000で始めた褪色表現も取り入れた。
タキ43000(100番台、旧本輪西車)

KATOタキ43000の手摺を一部切除。本輪西所属のタキは末期に社名、社章板、荷主表示板受けが撤去されたのでそれを再現。さらに社章が放置されて褪色してるのも再現してみた。
タキ43000(100番台、三菱車)

KATOタキ43000の手摺を一部切除。433xx周辺の三菱車で、手摺の荷主表示板受けの位置が違う。
タキ43000(準保安対策車)



KATOタキ43000の踏板を外注3Dプリント品に交換。踏板が強化形となったグループ。43549は車端手摺も門型になっている。
タキ43000(保安対策車)



600番台以降はタンク断面が刷新されて43t積でもタキ1000に近くなっているので種車をTOMIXタキ1000にする。踏板、台車を外注3Dプリント品に交換。43640は本輪西から北袖に移った車で手摺のサボ受けが撤去されている。
タキ43000(143645)

加工内容は600番台と同じ。
タキ43000(243000番台)





これも加工内容は600番台と同様。サボ受けの有無やブレーキ系の違いなどをナンバー毎に作り分け。
タキ44000

保安対策車。タキ43600台と同様の加工内容に加えて短縮を実施。
かなえ食堂