側面行先幕(都営5200形、新逗子対応)

都営5200形は、1976年に5000形6次車として製造されたセミステンレス車である。浅草線用車両として初めて側面方向幕が設けられ、
その寸法及び構造は10-000形とほぼ同様と思われる。方向幕の配色は10-000形の新宿線運用時と同じ濃紺地白字であるが、
文字の字形と割り付けは京王車を範とした10-000形(ゲタなし、文字が小ぶり)とは違い、独自のものとなっている。
ゲタありの字形は京急を思わせるが、「押」、「町」にみられるように重心が低くとられている点が異なる。

この幕は本車の製造9年後の85年7月に製造されたものである。当時、都営車の運行系統は一応の確立をみており
大きな変革はなかったことから、単純に同年3月開業の新逗子に対応することが目的だったと考えられる。
最終コマに「逗子」が残されているが、当然使用痕は薄く、必要だったであろう「新町」などにしなかったのは謎である。
諸元
製造年月 1985年7月
374mm
検知方式 穴式
有効コマ数 20コマ

内容
コマ番号 コード番号 画像 内容 コメント
上端
上部余白 終端 巻き戻す
↑↑↑
- 0
1
2 成田空港
3 成田
4 佐倉
5 東中山
6 小岩
7 高砂
8 青砥
9
10 押上
11 浅草橋
12 人形町
13 新橋
14 泉岳寺
15 戸越
16 西馬込
17 新逗子
18 品川
19 川崎
20 逗子
- 21
下部余白 終端 ↓↓↓
巻き戻す
下端 Koito 85-7

かなえ食堂