方向幕関連年表
…新製に伴うもの …改造に伴うもの …路線、運行の変更に伴うもの …消滅
年月内容
59.121000形(1001〜)前面窓内に電照式運行表示板が装備される
62.71000形(1101〜)前面窓内に手動方向幕、側面にネオン管種別表示器が装備される
63.11野比開業
64.71000形(1131〜)前面に独立した方向幕窓が設置され、前面幕の寸法が確立。前面方向板掛けが廃止される。側面種別表示は幕式となる
66.3津久井浜開業
66.7三浦海岸開業
68.6都営1号線への直通が開始される
73400形(471〜)車体更新時に前面、側面電動方向幕を試用する。※後の方向幕より寸法が小さい。内容
73.9運行番号の付け方が変更される
74.21000形(1049〜)更新時に前面、側面電動方向幕が本格採用される。側面幕の寸法が確立
75.4三崎口開業
76.61000形(1131〜)冷房化時に側面電動方向幕が設置されるが、1両1ヶ所に削減される
77.21000形(1341〜)新製車として初めて前面、側面電動方向幕が装備される
77.11大型車の前面種別板が廃止される(230形は78.3まで残存)
78.12800形(801〜)前面、側面方向幕が黒地となる。※801編成は当初、有色種別も全て黒地だったといわれる
81.6通勤快特が運行される
82.122000形(2011〜)SPC/バーコード式の電動方向幕が初めて装備される。※種別幕は当初7コマだった。内容
85.3新逗子開業
85.31500形(1501〜)直通対応のSPC/バーコード式黒幕が初めて装備される
85.10700形(707〜)冷房化時にSPC/バーコード式の電動方向幕が装備される
86.8800形(811,812,825)が新製中間車を組み込み、既存車の幕がブリッジ/検知穴式からSPC/バーコード式に改造される
88.111000形(1251〜)更新時に電動方向幕を新設またはブリッジ/検知穴式からSPC/バーコード式に改造される
88.12京成1000形:青地の幕が装備される。※当初貫通扉の種別板受けは車外にあったが、車内に移設された
88.12琴電1080形:※種別、行先幕は後年、破損により異なる書体のものへの交換が進んでいる
91.3千葉NT中央への直通が開始される
91.3北総7150形
92.4千葉急行1000形
92.4京急ウイング号が運行される。種別幕に行先、行先幕にウイング号を掲出する
92.4大森台開業
93.5羽田開業
94.3600形:南北運転台にタッチパネルが設置され、方向幕の指令をここから行うようになる
94.128両編成の羽田直通が可能となる
95.4印西牧の原開業
96.2600形(608〜)準省略幕が初めて装備される
98.32000形3扉化に伴い側面種別板受けが撤去される
98.32100形:車内LEDを初めて装備し、運転妻の隅柱に小タッチパネルが設置され、方向幕の指令も兼ねるようになる
98.11通勤快特が廃止される。マリンパーク号が廃止され、前面種別板掛けを使用する定期列車が消滅する
98.11羽田空港開業、エアポート特急、エアポート快特が運行される
00.7印旛日本医大開業
00.102100形(2165〜)完全表記幕が初めて装備される
01.31500形:更新時に車内LED設置に伴い、方向幕指令器がダイヤル式から隅柱タッチパネル式に改造される
01.6800形(823,824):更新時に方向幕がブリッジ/検知穴式からSPC/バーコード式に改造される
02.12快速、(飛)快速が運行される
03.3琴電1200形(1201〜)琴電向け車両にSPC/バーコード式黒幕が初めて装備される。※前面種別幕は当初白地黒字だったが、黒地白字に交換された
03.5新1000形(1017〜)細字新白幕が初めて装備される
04800形以降の各車両が太字新白幕に交換される
04.12新1000形(1401号)LED種別・行先表示器を試用
05.3新1000形(1401号)前面LED行先表示が日英併記から日本語のみに変更される
05.31000形(1071,1219)の廃車により白幕が消滅する
05.7新1000形(1425〜)LED種別・行先表示器が本格採用される
06.3新1000形(1401号)LED種別・行先表示器が電動方向幕に戻る
06.7琴電1200形(1251〜)長尾線対応黒幕が初めて装備される
06.12快速の佐倉折返しが始まる
09.3600形:車内LCD設置に伴い運転台タッチパネルが更新される
09.12新1000形(1041〜,1417〜)種別・行先表示器がLED化される
10.3側面LED種別・行先表示が日英併記から交互表示に変更される
10.31000形(1375)の廃車により省略幕が消滅する
10.5エアポート急行が運行される。コマ数が溢れるため種別幕の久里浜、三崎口をウイング号表示に統一
10.5新1000形(1121〜,1489〜)車内LCDが新製車として初めて設置され、隅柱タッチパネルの代わりに運転台タッチパネルが設置される。LED有色種別の文字に黒縁が付く
10.6デト11〜18形:更新時に前面LED運行番号表示器が設置される
10.7アクセス特急、(飛)アクセス特急が運行される
11.31000形(1351)の廃車により黒幕が消滅する
12.10エアポート快特の種別色が緑からオレンジに変更される。対応時に既存車のLED種別の文字にも黒縁が付く
13.82100形:更新時に隅柱タッチパネルが撤去され運転台タッチパネルが設置される
13.10京成線で種別名と関係ない飛行機マークの使用を中止
14.3600形(655)が更新され側面種別板受け、旧運転台タッチパネルが消滅する
14.6新1000形(1169〜,1355〜)前面、側面行先表示器のLEDが白単色からフルカラーとなる
14.9新1000形:SR無線設置に伴い隅柱タッチパネル車が運転台タッチパネルに更新される
14.12600形、2100形、新1000形:前面運番、種別、行先表示器が高輝度フルカラーLEDに改造される。運番表示器は従来のLEDより拡大
15.4新1000形(1361〜)前面、側面に新製車として初めて高輝度フルカラーLEDが装備される。側面LEDの種別・行先表示部が一体化する
15.121500形:前面運番、種別、行先表示器が高輝度フルカラーLEDに改造される
16.31500形(1513)の前面表示器がLEDに改造され直通用前面幕が消滅する
16.61500形:SR無線設置に伴い隅柱タッチパネル車が運転台タッチパネルに更新される
16.9新1000形(1065)「京急×リラックマ ごゆるりおでかけ号」運行。前面種別表示器に専用の絵柄が表示される
17.9新1000形(1001〜)更新に伴い側面種別・行先表示器が一体型高輝度フルカラーLEDに改造される
17.11新1000形(1401〜)未更新車でも側面種別・行先表示器が一体型高輝度フルカラーLEDに改造される

今後の展望(予想)
方向幕の全廃: 老朽廃車およびSR設置などの改造で(現在進行中)
表示内容の変更: 不要表示の整理、本線成田空港とSA線成田空港の分化など(現状、特に兆候はなし)
LED表示器の制御方式の変更: 個別制御から集中制御となり次駅や種別変更の案内が可能となる(JRや京王事例)

かなえ食堂